にゃんこ先生 ごきげんいかが?

ある日突然失踪し、還らなくなった黒猫G・・・その悲しみを乗り越えて・・・ 我が家にやってきた、二代目黒トラ GG。。。2011_0311震災の前兆か、初めての恋人探しも終盤、GGは不安な後姿だけを遺し還りませんでした。長い哀しみの向こうに待っていたのは弟仔猫三兄弟でした。。。。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

キャンセル

子猫が生まれたら教えてね。 GGがもう帰らないと悟ってからの後々に娘の友達が遊びに来た時に声を掛

けた。

彼女の家は生花農家・・ビニールハウスに隣接する小屋に住み着いた野良猫がよく子供を産むという。

GGを貰ったのも、実は彼女がスーパーの張り紙を見て教えてくれたからだった。


その彼女から、生まれて目が開いたのだけど要らない?と連絡が来た。


いつ生まれたの?  ・・・知らない。

何匹いるの?    ・・・八匹。

性別は?      ・・・見ても判らない。

どんなのいるの?  ・・・いろいろ。


見に行ったほうがいいと、今日連絡して行って見た。


キャリーケースに三匹ばかり運んできてもらってみれば・・

どうみても、生後十日くらい・・あまりに小さかった。


手にとって性別を・・

黒トラは男の子 ぶちの白は女の子 薄茶色で耳と尻尾が濃い茶色は男の子

ちょっと顔も拝見・・・

すると、さっきまでハイテンションだった娘がどうしてか手に取ろうともしない。


ふと、娘の友達をみれば、何故か仏頂面で不満そう・・

早く戻して!と繰り返す娘に早々と戻せば、友達はさっと小屋に連れ戻してぶらでもどる。


・・あれ? 他のは・・・????


何だか娘も友達も会話もせず不満そうで・・

とりあえず、まだ早すぎるから、ご飯食べてトイレできるようになったら・・とりあえず一週間後にまた・・

とだけ伝えた。



見に行くときはテンション高かった娘は帰ってからずっとローテンション・・


どうやら、友達が結局は野良猫にしたくなくて欲しいかと聞いたのではなく・・生まれたら教えて!と言われたから

教えただけ・・別にあげたい訳じゃないんだと気付いたせいだった。


彼女は、野良猫がまた野良猫を生むことをなんとも思ってない。それで猫が幸せならばいいと思っている。

何処かにいなくなってしまっても哀しむ事はない・・だって家族ではないから。

手術なんてしたら猫が可哀想だと思っている。倫理に反する行為だとおっしゃるらしい・・

そして、別に世話したい訳じゃないのに、あげるために一週間も見てられないと・・


だから・・

今日、遠目に見て、あれがいいと決めてもらっていくのだろうと思っていたらしい・・

性別も判らず、しかもまだ乳飲み子だというのに・・

そういう当たり前の倫理はないらしい・・



それが自分の概念だから、それを侵されたから赦せなかったとか・・


それならば・・決して譲れないというその概念に対し、こちらにも、貰い手としての概念がある。


何処までも、それは平行線であり・・

しかも、その概念を通したいという一方で、じゃあこちらは何をどうしたら通るのか聞いても、判らないと言われ

てはどうにも対応できない。


つまりは、キャンセルするしかない。


その小さな命を護りたいのか・・護りたくないのか・・それすら理解できなかった。


せっかく出会った黒トラ猫もいずれは野良猫となり、また数年後には還らぬ猫となるのだろう。


それでいいと思っている人間には何を語っても通じない。




人間のエゴだと思わない訳じゃない・・でも、野良猫を作らないために・・飼うからには責任を持つべきだという

意見はエゴではないと思う。


そして、飼われた猫にも家族である意識があること・・

何処に放浪しようとも、家族の元に帰りたいと願う気持ちがある。


一人で冷たい場所で、帰りたい還りたい・・そう思いながら息が途絶える哀しさを、もう味逢わせたくない。

それはエゴではないと思いたい・・


考えは様々だけど・・


猫も人間も幸せな生き方を与えるのが責任というものなんじゃないかと思う・・



スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

かめかめ7

Author:かめかめ7
おじいちゃんが亡くなって、その寂しさを埋めてくれた黒猫G。
ある日突然そのGも失踪・・・空へと還って行きました。

残された家族六人は、寂しさと悲しみを乗り越えて、また黒猫二代目を育てることに。

今度はちゃんと記録を残していこう! 淋しくないように・・・

このブログを始めることに。。


..........しかし..........

賢くいい子だったGGはたった二年で旅立ちました・・・


深い哀しみはここに遺した写真に癒され、今はまた新たな出会いを待つこと三ヶ月余り・・

待った甲斐があり、GGの弟たちが無事我が家の家族になりました。

仲良し三兄弟猫たちの日々をまた記録していこうと思います・・



=== 訪問された方々へ ===

通りすがりも、ちょいと覗いてくのも自由です(^^ゞ

出来れば一言残して戴けたら幸いです♪


。。。。新設しました。。。。



☆なんでもアップ掲示板☆ 


↑をクリック♪


可愛いのや、面白いの、きれいなの・・アップしてね(^^ゞ
世間話もどうぞ(笑)

よろしくね~(・ω・)ノ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。